1/28アントニ ビローニを迎えての楽しいあさプラミーティングでした!

楽しい一晩でした

今シーズン4回目のあさプラSnowScootミーティング&
スノースクートスクール&
JJ2017Newモデル試乗会がにぎやかに開催されました!
ANTONI VILLONI

今回はJYKKスノースクートチームライダーでフランスチャンピョン
ANTONI VILLONIも緊急来場!
思いっきり楽しい一晩でした・・
もてもてANTONI

これで今月は終了です。
2月は前半2週はお休みいただいて、
2/17(金)と2/24(金)の開催となります。
今からご予定ください!
大勢のご参加をお待ちしております。

尚、2/24(金)最終回の参加者はすべてリフト無料となります!!
(ハッピーフライデー・・ルンルンルン♪♪)
早く仕事切り上げて、来いよ~












幻の最軽量傑作フレームA20(ボードレス)アッセンブルで限定発売!!

幻の最軽量A20ボードレスキット

惜しまれつつも今シーズンから姿を消してしまった
最軽量傑作フレームA20をボードレスキットで復活させました!

SASシステムA20フレームにボード以外のパーツをアッセンブルして、
限定数ご用意しました!
カラーは人気の限定ポリッシュカラーです!

お手持ちにボードが1セットあればSTYLE-Aが復活しますョ・・

お求めはYahooMSHshopからどうぞ・・・
 ”MSH Yahoo Shop”

よろしくお願いいたします。












幻のstyle-A(A20)G1アッセンブルモデル限定発売!!

幻のstyle-A(A20)G1アッセンブルモデル限定発売!!
A20G1ポリッシュ限定品

シリーズ中、最軽量フレームでバランスのとれた名機
”style-A”(A20フレーム)が惜しまれながら
姿を消した今シーズン。
再販を望む声にお答えして、
A20ポリッシュカラー限定生産フレームに
シリーズ中一番滑りやすいシェイプの
ベストセラーG1ボード他
ハンドル等の全てのパーツを
アッセンブルしたモデルを特別設定しました!

こちらにはお買い得なBAKpro装着モデルも
特別設定しました!
BAKproは1024タイプのラバー設定から
お選びいただけます。
A20G1Pro限定品

お求めはYahooMSHshopからどうぞ・・・
 ”MSH Yahoo Shop”















BAKproがYahooShopからお得にお求めいただけるようになりました!

BAKproがYahooShopからお求めいただけるようになりました!
2017 New BAKpro

New BAKpro

ご希望の組み合わせ(ラバーの組み合わせ)が、Shop内に無い場合は、
YahooShopのメールからご希望のパターンをお知らせください。
全てのパターンがYahooShopからお求めいただけますので・・・
何なりと、お問い合わせください・・

YahooShopはこちらからどうぞ・・・

 ”MSH YAHOO Shop”














便利にお求め易く”MSH Yahoo Shop”をオープンしました!

SnowCycleWorldでは、
さらに便利にお求め易く頂けるよう ”MSH Yahoo Shop”をオープンしました!

yahoo shop


http://store.shopping.yahoo.co.jp/mshscw4/

まだまだ完全移行までには時間がかかりますが、毎日少しづつの充実作業中です!

YahooShopサイトには
SnowCycleWorldのWebサイトの通販部分だけを移行します。
(Webサイトからは今まで通り情報発信していきますネ・・・)

皆様には、さらに便利にお求め易く頂けるように、
今までより早く、Tポイントも溜まり、また
クレジットカードでの決済サービス等がご利用いただけるように
なりましたので、これからはMSHヤフーショップを是非
ご利用のほどよろしくお願いいたします。


 MSH Yahoo Shop店長    浜 紀子
















SnowCycleWorldの製品開発は世界の彼らにも支えられています!

Scooter’sCrossJapanTourFINALに
参加のため、来日中のヨーロピアントップライダー達。
左からAntoniそしてJoffrey一番右のNicolasだ。
Antoni&Joffrey&Me&Nicolas

実はSnowCycleWorldの製品開発には、
彼らの多くの助言が活きている。

特にNicolasのBAK使用歴はとても長く、
彼の独特のライディングを見えないところで支えている。
作動性の良さ、長い耐久性、リカバリー能力の高さ、そして
セッティングのバリエーションなどが、彼のお気に入りだ!
今回のレースでも、前日に1stラインにスパーハードラバーを初装着、
”よりコントロール性がアップした”と大喜び・・
そんな彼は、翌日のクロスでファイナルとスパーファイナルの
両ヒートを制した!

若きAntoniはBAKpro(H/M/M/SH)を使用中!
初来日のJoffreyもBAKpro(H/H/H/SH)に
トライ中だ!
又、SnowCycleWorldの新セッティング理論を
施したP1モデルのコントロール性は、Joffreyにも大絶賛!
(同来日中のフランスSnowScoot協会の会長にも、
このモデルのアイスバーン時のコントロール性・走破性は驚きだった)

SnowCycleWorldの製品開発はまだまだこれから・・・
多くの国内外ライダー達に支えられて、
より良いスノースクート創りに一歩づつ・・・
こうご期待!
















今シーズン7回目でラストのあさプラSnowScootミーティング

今シーズン7回目でシーズンラストの
あさプラSnowScootミーティング・・・
撮影に遅刻した約1名

一部アイスバーンもあるコンディションの中で
みなさん楽しい、また色々収穫の多い一夜となりました。


特に、新理論に基づいて今シーズントライを重ねてきた
新セッティング方がほぼ確立。
この理論に基づいてセッティングしたP1モデルについて、
P1の”ピー”はパウダーの意味では無く、
”ピステ”のPだったことに皆さん唖然・・
こんな”ガリガリ”のアイスバーンでこんなに乗りやすくなるとは!!
当の本人もビックラ!!でしたが・・
一番乗りやすいと好評だったのは意外やP1ボードモデルでした!ネ・・
新セッティングの各モデル

持ち込んだ来シーズンモデルやその他のお試しモデルへの
試乗希望が多くて、終了時間を延ばした程・・
熱く燃えた今回の”あさプラ”スノースクートミーティングでした。
2017モデル緊急試乗

これからは各地で開催されるレースイベントが多くなりますが、
まだまだ続くシーズンを皆で楽しみましょう!

今シーズンこのイベントに参加の皆さんそして、
ご協力いただいた各方面の方々に感謝してお礼申し上げます。

















今シーズン6回目のあさプラSnowScootミーティング

早くも今シーズン6回目のあさプラSnowScootミーティング・・
今夜も楽しいひと時でした・・

今月から金曜日ナイターでの開催となり参加人数は今一つ・・ながら
先週トライした新セッティング方がかなり好評だったものを、
今回はさらに進化させてセッティング。
皆さんにトライしていただきましたところ、楽しいと絶賛!!

スノースクートの新しい未来が見えてきました!
このセッティング方は最近のスキーからヒントを得たものですが、
スノースクートだからこそ出来るもので・・
今後、カービングスノースクートの主流となる理論を確立出来たと
信じています!
ほとんどのタイプのボードに応用できます!
特にA1ロッカーボードに乗り換えて”どうも今一”の諸兄には
このセッティング方は朗報ですぞ!!
コントロール性が格段にUPします!

いよいよ次週2月26日(金)で今シーズン7回目が最終回となる
このイべントです。
大勢の皆さんの参加をお待ちしています。
勿論、新セッティングモデルの試乗もできます!

今回もまた、異タイプでの前後ボードの組み合わせモデルや、
新しいボードセッティングのモデルのお試し試乗など・・
中身の濃い情報交換が出来ました!















今シーズン5回目のあさプラSnowScootミーティング

あさひプライムスキー場での”あさプラSnowScootミーティング”&
無料スノースクートスクールは今シーズン5回目の開催でした。
充実した情報交換が出来ました

今月から金曜日ナイターでの開催。又、昨日が祝日だったりの影響で、
参加者数は今一つだったりでしたが、その分の中身は濃くて・・
異タイプでの前後ボードの組み合わせモデルや、
新しいボードセッティングのモデルのお試し試乗など・・
中身の濃い情報交換が出来ました!

















今シーズン4回目のあさプラSnowScootミーティング

あさひプライムスキー場での”あさプラSnowScootミーティング”&
無料スノースクートスクールは今シーズン4回目の開催でした。

先ずは、一期一会の幻想の世界をご覧ください・・
雨氷の幻想1

雨氷の幻想2

雨氷の幻想3

雨氷の幻想4

雨氷の幻想5

零度前後の気温と雨と言う条件が揃い初めて起こる”雨氷”の
珍しい現象がこの夜のあさひプライムスキー場では見られました!
一生に一度と言っても良い位に珍しいもので、
この美しさは幻想的だけでは言い表せない美しいものでした。
しかしただ綺麗ばかりでは無く、
松本市周辺では倒木による被害もあちこちでありました。
雨氷は湿った雪が枝にかかる重量の5~10倍もの重さになるようです。
イベント中もゲレンデ脇の暗い林の中から、
”バキッバキッ”と木が折れる不気味な音がしていました・・
実は今夜の第二リフトも倒木による被害で運休となってしまいました。

今回は珍しく女性の参加が全く無く、
花と言えば木に咲く雨氷のみとなりましたが・・
観た事の無い美女ぞろいで、これまた結構でした。
珍しく木の花だけの一晩でした・・


次回の開催は一週間お休みの後、
2月13日(金)から毎週金曜日のナイター開催となります。













スノーサイクルワールドのアタッチメントの歴史 5

SnowScootアタッチメント用として2006年に販売した、
”CVK-5R”を紹介します。
CVK-5R


シーズンを通してアイスバーンの多い時期が過ぎ、
比較的、柔らかなバーンコンディションのシーズンが始まりました。
時を同じくしてCVK-4Rまでのアタッチメントでは、
エッヂ特性(フレックス)が強すぎて、滑るのに大きくロスが生じ、
初めて面特性(トーション)の重要性に気がつきました。
おまけに、この年には極端に剛性の高い(強い)フレームのモデルが
登場したりした事も大きな影響となりましたが・・

もっとトーション特性を高めて、
ボードの面を使う滑りに切り替えて行かなくてはなりませんでした。

そこで、1列目と4列目に非貫通ラバーを使用して対処、
前端と後端の動きを大きくする事でボードの”ねじれ”がずいぶん増えました。
”ねじれ”特性が向上したので、コントロール巾も広くなり、
やわらかい雪にも対応するようになってきました。
この頃に使用しているラバーは小径でキャパも少ないものでした。
(2015よりメーカーが採用している径と同等)
現在BAKに採用しているものはこれより大径で、キャパも大きいものとなっています。

2列目と3列目を色々な意味でピポット(支点)として使う考え方は、
最新のフル非貫通モデル(ブロックアタッチメントレス)の
BAKmildやBAKproにも生かされる事となっていくのです・・

次回からは、
ねじれ特性(トーション特性)をさらにさらに増した、
”BAKmarkⅠ”(2/3列目ブロックアタッチメント)と
フル非貫通ラバーモデル”BAKマイルド”へと移って行きます。
















今シーズン3回目のあさプラSnowScootミーティング

あさひプライムスキー場での”あさプラSnowScootミーティング”は
今シーズン3回目の開催。
今週の積雪でコンディションも最高・・
知らない仲でも大勢は楽しいネ・・

無料スノースクートスクール受講者も含めて半数以上が初参加者!
見知らぬ同士でも”大勢は楽しい”と
皆さん大満足・・

スノースクート初体験でスクール参加の皆さんも
あっという間にスイスイと、
それにしても何という事でしょう・・驚く事に、
終わるころには中間駅からトライしていましたョ・・

次回は1月30日(土)18:00からの開催です!
特に参加条件はありませんので大勢の参加をお待ちしています・・・















今回はサプライズでフランスからアントニが緊急参加!!

あさひプライムスキー場での”あさプラSnowScootミーティング”は
今シーズン2回目の開催。
何と今回はサプライズゲストがフランスから緊急参加!
今シーズンのジックジャパンカタログの表紙モデルの”Antoni”だ・・
アントニの来場はほとんどの参加者には知らされていなかったので、
皆さんハッピー&ハイテンション・・・
今日はファミリー参加多し

アントニは豪快なライディング披露とともに記念撮影やサインにも
一人一人丁寧に応じてくれましたよ・・
好印象の優しいナイスガイです!
楽しい思い出に残るひと時でした。
アントニを中心として記念撮影

また、
アントニはイベント終了後にSnowCycleWorldに来社してくれました。
BAKmildとBAKproに関心があるということなので、
早速使ってもらうことになりました。
モデルはアントニ
















BAK-Proの耐久性を公開します!

今回はAdvancedな
BoardAttachmentKit-Proの
耐久性についてお話します。

下記のPROラバーの写真は、3年前の最初のタイプからすると
2タイプ目のプロトモデルになります。
現在まで約2シーズンに渡りテストが続けられて来ましたが、
これが2シーズン(約100日)に渡り使用したProラバーの状態です。
2シーズン使用後の状態1

2シーズン使用後の状態2

ネット部分の多少の”ほつれ”は見られるものの、
一般に使用する事を思うと十分な耐久性のある事がわかります。

尚、テスターは当初からProラバーの開発に携わってくれた内の1人で
jykkライダーの小林哲也選手です。
勿論、上の写真は彼が2シーズンに渡り使い続けたそのものです・・・















スノーサイクルワールドのアタッチメントの歴史 4

SnowScootアタッチメント用として2005年に販売した、
”CVK-4R”を紹介します。

CVK-4R


ボードの”ねじれ”が増えました。
”ねじれ”特性が向上したので、
だいぶ、やわらかい雪にも対応するようになってきました。

次回は、
”ねじれ”特性(トーション特性)をさらに増した、
CVK-5Rをご案内します・・・
















スノーサイクルワールドのアタッチメントの歴史 3-4

SnowScootアタッチメント用として2004年に販売した、
”CVK-3R”を紹介します。

CVK-3R product version


低温でも硬くならない、
シリコンブロックラバーを初めて採用しました。
特にボードの”しなり”特性が強力に発揮され、
エッヂが鋭く効いて、
アイスバーンに効果がありました。
しかし、
春の時期の、やわらかな雪には不向きでした。

次回は、
”ねじれ”特性(トーション特性)を少し増した、
CVK-4Rをご案内します・・・




















スノーサイクルワールドのアタッチメントの歴史 3-3

今回は、
2004年に、
SnowScootアタッチメント用として、
販売した2バージョンの内の、
”CVK-3”を紹介します。

CVK-3 Product version


金具は、
量産が可能な、
アルミダイカストで製作しました。

1列目から4列目までの全てに金具を使用しました。

2列目と3列目はピボットとして働き、
ボードは,
綺麗にしなりました。

非貫通ラバーにより、
1列目と4列目は、
前と、後と、上と、下に動き、
回転もします。
金具により、左と右には動きません。

ボードに、
適度な”しなり”と、
適度な”ねじれ”を与える事が出来ました。

次回は、
”しなり”特性(エッヂ特性)が強い、
CVK-3Rをご案内します・・・





















スノーサイクルワールドのアタッチメントの歴史 3-2

今回は、
2003年に、
SnowScootアタッチメント用ラバーの動きを、
制御・規制するために、
製作した金具を紹介します。

CVK-3R prototype2


”CVK-2 Proto”を、
さらに進化させたモデルです。
2004年に発売する”CVK-3R”の原形となった、
プロトモデルです。

上側の金具と、
下側の金具を、
1本のボルトで連結しました。
上側の金具の穴の形によって、
動き方を制御しています。
中にはラバーを、配置しました。

ボードがフレックスする時に、
回転したり前後にスライドして動きます。
また、
衝撃を吸収する時は上下に動きます。
それらの全ての動きに対応させました。

1ラインから4ラインの金具に、
別々の必要な動きをさせました。















スノーサイクルワールドのアタッチメントの歴史 3-1

今回は、
2002年に、
SnowScootアタッチメント用ラバーの動きを、
制御・規制するために、
製作した金具を紹介します。

CVK-3R prototype


”CVK-2”を、
さらに進化させたモデルです。
2004年に発売する”CVK-3R”の原形となった、
プロトモデルです。

上側の金具と、
下側の金具を、
左右のボルトで連結しました。
プレートの穴の形状によって、
動き方を制御しています。

















New Carbon トップチューブプロテクター登場!

リアルCarbon材、使用の、
SnowCycleWorldオリジナル製品、
ニュートップチューブプロテクター新登場!!

スノースクートなら、
ほとんど全てのトップチューブ形状に、
装着可能!

carbon protector


長さは480mm、巾は14mm、厚さは約2mm、
曲面にも対応!

取付は、両面テープで貼るだけ!
ハサミで切って、
長さ調整が出来ます!
価格は、5,400円(税込・送料別)!!





さて、お問い合わせいただいておりました、
B.A.K.Proも、大好評発売中です!!

ご注文いただいた分は、至急に製作して、発送します。
尚、ProRubberは、全てハンドメイドにて製作。
そのため、
納品までに、多少の日数がかかる場合があります。

この製品については、過去、
多くのデーターを、公開して来ましたが、
ご不明な点につきましては、再度、このデーターをご覧ください。
その上で、
さらに、ご不明な点につきましては、何なりと、お問い合わせください。

また、開発当初より約三年に渡り、
中心になって、フィールドテストをしていただいた、
小林哲也、清尾裕幸、両氏からは、更なる、
生のインプレッションが、聞ける事でしょう!

北海道及び、東北地方の皆さんには、近日中に、
我満隆氏の、インプレッション及び、試乗?を予定しておりますので・・
詳細につきましては、我満商会様まで、お問い合わせください。

価格は39,800円(税込・送料別)!!
























最新の記事